有機野菜・無農薬野菜の宅配・通販サイトのすゝめ

宅配お野菜ドットコム

知っておきたい野菜の種類

更新日:

野菜の種類は、一般的に「栄養素」による分け方と「部位」による分け方があります。

栄養素による分類

栄養素による分類は、主にカロテンの含有量によって以下の2つに分けられています。

緑黄色野菜

緑黄色野菜とはカロテンの含有量が多い野菜を指し、厚生労働省により「可食部100g当りのカロテン含有量が600μg以上の野菜」と定められています。

一度は聞いたことがある名称ですよね。読んで字のごとく、ホウレンソウなど緑色の野菜、ニンジンなどの黄色い野菜が代表的です。他にもトマトなどもこれらに分類されているので、概ね鮮やかな色味の野菜は緑黄色野菜と言えますが、キュウリやナスはカロテンの含有量が少ないのでこれらに含まれていません。

淡色野菜

淡色野菜は緑黄色野菜以外の野菜を指します。つまりカロテンの含有量が600μg未満の野菜ということですね。キャベツや白菜、大根やゴボウといった淡い色の野菜が代表的です。

また、栄養素の分類で面白いのが、ネギなどのユリ科の野菜は食べる部位によってその分類が分かれるということ。ネギの白い部分は淡色野菜ですが、緑の部分は緑黄色野菜になり、栄養素の分類では野菜の品種で分かれていないということになりますね。

部位による分類

部位による分類は、一般的に以下の4つに分けられています。

根菜類

根っこや地下茎(地下で成長する茎)を食べる野菜で、大根、蓮根など名前に「根」が付く野菜はすぐに分りますよね。他にもジャガイモなどイモ類全般、生姜もこの根菜類に分類されています。

茎菜類

茎の部分を食べる野菜で、分りやすいのがアスパラガス、セロリなどですね。また、地中で育つタマネギは根菜類に思われがちですが、実はこの茎菜類に分類されています。

葉菜類

葉っぱの部分を食べる野菜で、ホウレンソウ、小松菜、ネギなどはすぐに分かりますが、キャベツやレタス、白菜などもこの葉菜類に分類されています。

果菜類

実の部分を食べる野菜で、トマト、ナス、ピーマンなどが代表的ですね。他にもインゲン豆や大豆などの種を食べる野菜もこの果菜類に分類されています。

また、果菜類は実の熟し方の違いがあります。トマトやカボチャは完熟した実を食べますが、ピーマンなどは未熟果(熟していないもの)を食べています。ピーマンが完熟すると赤くなるのはご存知ですか?パプリカとは品種が違いますが、完熟したピーマンもパプリカのように苦味が無く美味しいんですよ。

野菜の通販・宅配おすすめランキング

安心・安全・美味しい野菜の宅配・通販サービスをご紹介

カスタマイズ可能なコースが大人気「らでぃっしゅぼーや」

お好みに合わせてセット内容の変更ができる「らでぃっしゅクラブ」がオススメ。使い易さも業界ナンバー1です。

朝採り野菜を即日発送「無農薬野菜のミレー」

収穫から発送までのリードタイムが他の通販・宅配サービスと比べて短く、送られてくる野菜の鮮度はピカイチです。

選べるコースが豊富「大地を守る会(大地宅配)」

放射能汚染リスクを最大限減らした「子供たちへの安心コース」がオススメ。また「スムージーコース」も大人気です。

-野菜の豆知識

Copyright© 宅配お野菜ドットコム , 2019 All Rights Reserved.